【超簡単】タイピング(ライティング)でお金を稼ぐ方法!【手順】

前置き

現在この記事を書いている自分は、プログラミング歴4年で、タイピングも得意です。自分の意見も含めて記事を書いているのでご了承ください。

方法

現在自分が書いているような記事を書いて稼ぎます。少し考えるようなこともありますが、1文字1円の依頼もあるので、タイピングが得意な方はめちゃくちゃおすすめです。自分がおすすめの記事作成で稼ぐサイトは、サグーライティングというサイトです。サグーライティングには「簡単テキスト作成」と「高価値ライティング」という種類があります。簡単テキスト作成は、 サグーワークスに登録したら誰でも使えるサービスです。案件は手軽な説明文作成から高単価の長文コラム作成まで様々あります。お小遣いを稼ぎたい人も本気で稼ぎたい人も、それぞれのペースに合わせて使うことができます。高価値ライティングは、 サグーワークス独自のテストに合格したライターのみが利用できるサービスです。1文字1円以上の案件も豊富にあるので、しっかりと稼ぎたい人にぴったりです。タスク型の案件の他、高単価な専属案件もあります。 サグーライティングを使う目的によって選べるところもおすすめです。

準備

タイピングが不得意な人は、まずは練習してみると効率的に仕事を受けることができるかもしれません。おすすめの練習ソフトはこちらです。

タイピングを音声読み上げなどの機能付きで練習できるので、効率的に仕事を受けたい方は購入してみてください。

手順

登録

サイトにアクセスして、右上の新規登録を押しましょう。
自分のメールアドレスを入力して、届いたメールの手順に従って登録を完了させます。

受注

登録してログインが完了すると早速仕事を受けることができます。まずは仕事検索のサイトにアクセスして、タイトルやポイント(1ポイント=1円)、文字数などを確認して自分がいいと思った案件を選択しましょう。すると詳しく記事の内容が表示されるので、もしも書けると思ったら、下の「テーマを選択」を押して、仕事を始めましょう。

注意
「規約に同意してお仕事をはじめる」を押すとすぐに仕事が始まってしまうので、もう一度内容を確認するようにして下さい。

ライティング作業

サグーの機能を使って、記事を作成します。記事を作成し終わったら、指定事項やルールに沿っているかを確認して、データを提出してください。後ほどポイントが追加されます。

ポイント変換

1ポイント=1円でポイントを変換します。ポイント変換には2つパターンがあります。1つはCASH POSTによる銀行振り込みです。
※交換手数料として110ポイントが使われます。
2つ目は、.money のポイントに変換です。 .money を使えば、amazonギフト券などにも変換できるので、現金が嫌などの方にお勧めです。

結論

タイピングで稼ぐには、記事作成(ライティング)の仕事を受注して稼ぐ。ライティングで稼ぐためのおすすめサイトは、ザグーライティングというサイト。1ポイント=1円で交換することができる。効率的にライティングをするには、タイピングの練習もしたほうがいい。
簡単に今回の記事をまとめると上のようになります。ライティングを副業などとして一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です