【超簡単、初心者向け】プログラミングで稼ぐ方法【手順付き】

この記事では、超簡単にプログラミングで稼ぐ方法を紹介しています。その方法も詳しく紹介しているので、最後まで記事を読んでもらえると嬉しいです。

前提

まず、稼ぐ前提としてプログラミングを覚える必要があります。今回紹介する稼ぎ方で使うプログラミング言語は、

必要言語
HTML, CSS, jQuery, Bootstrap

です。まずは上の言語を覚えないと稼ぐことができないので、覚えていない場合、覚えてから記事を読みましょう。一応、覚えるための本を紹介しておきます。もしも上の言語を覚えていたとしても、本は2回読んでも効果があるので、再確認として本を購入してみるのもいいかもしれません。

HTML, CSS

上の本を読めば、HTMLやCSSでよく使うプログラムをほとんど覚えることができます。それに、今回の稼ぎ方で便利になる、「デザイン入門」も含まれているのでお勧めとして選びました。

jQuery

この本は、jQueryの知識が全くなくても読めるので、完全初心者の方でも読める、おすすめの本です。基本的な仕組みや、実際に活かせるテクニックも紹介されているところがおすすめです。

Bootstrap

この本を読めば、Bootstrap 4の機能のすべてを身につけることができます。Bootstrapはコードをわかりやすくしたり、コードの量を少なくするために最適なので、Bootstrapが何かを忘れたとき、再確認などもできるので買っておくことをお勧めします。

動画で覚える

自分の記事でYouTubeなどの無料で再生できる動画を紹介しているので、本にお金をかけるのが嫌だと考えている人は、是非確認してみてください。

方法

結論から稼ぐ方法を言うと、「LPページコーディングの受注」です。
とは言っても正直何を言ってるのかあまりわからないと思います。なので確認していきましょう。
まず、LPページコーディングとは、何か会社などが製品を作成し、その製品を売るためのサイトのことを言います。つまり、「LPページコーディングの受注」の意味は、「会社の製品を売るためのサイトを作成する。」というような意味です。1ページ分のサイトを作成することで、2万円~5万円程度もお金をもらうことができます。簡単なサイトだったとしたら、自分なら3時間程度で作成できるので、かなり効率のいい稼ぎ方となっています。

LPページコーディングのメリット

  • 案件が多い
  • 簡単
  • 必要な言語は HTML, CSS, jQuery, Bootstrap だけ

手順

手順1
アカウント作成
Lancers というサイトに接続して、アカウントを作成しましょう。そしたら、プロフィールを充実させましょう。
手順2
案件を見つける
このサイトに接続して、自分がいいと思ったLPページコーディング案件を探します。
手順3
「提案する」
自分がいいと思った案件を選択したら、「提案する」ボタンを押して情報を入力します。もしも応募期限が切れて自分が選ばれたら、LancersのDMが来て、作成を頼まれます。
手順4
LPページコーディング
ついにコーディングを始めます。大体のコーディング方法は別の方の記事ですが、おすすめの記事があるので下にリンクを張っておきます。
 

LPページコーディング方法

別の方の記事ですが、おすすめです。

最後に

最初は実績がないのであまり自分が選ばれません。なので、まずは安い案件を受けて、実績ができてきたら高い案件を受けていきましょう。LPページコーディングができるようになったら安定して収入を稼げるようになるので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です